お電話はこちら

WAN1GP 2018

わんわんグランプリ 2018

2018年お正月大会

天候に恵まれ暖かな日が続き、お正月大会としては過去最多の137頭のわんちゃんが参加してくれました。
あざやかな防寒着に身を包んで走る子もいれば、獅子舞スタイルで激走の子もいたりと会場はお正月らしい和やかなゆったりとした空気が連日流れていました。
何度もこのコースを走り、戦い方や勝ち方を熟知したベテラン勢もいれば初参加でいきなり高記録の新鋭も登場し、ランキングも日々めまぐるしく変わりました。
人間同様に高齢化が進むわんこ界に対応し、本年度からは10歳以上のわんちゃん用にシニアの部が新設されました。
シニアの部は期間中上位2頭がチャンピオン大会へ駒を進めることができますので、10歳以上のわんちゃんも今後是非ご参加下さい。
出走頭数137頭の内、年末のチャンピオン大会への切符を手にしたのはこの11頭です。

・小型犬の部 出走93頭
1位 藤井アルドくん(イタグレ) 1才 5.61秒
2位 西浦シャインくん(スキッパーキ) 1才 5.72秒
3位 椛島パピくん(トイプー) 5才 5.73秒

・中型犬の部 出走20頭
1位 中川メルちゃん(ビーグル) 3才 6.19秒
2位 針生夢ちゃん(フレンチブルドッグ) 12才 6.43秒
3位 三井こむぎちゃん(フレンチブルドッグ) 3才 6.97秒

・大型犬の部 出頭24頭
1位 景山競路郎くん(ゴールデン・R) 7才 5.70秒
2位 大久保マイケルくん(ゴールデン・R) 7才 5.81秒
3位 伊藤ヴィアンヌちゃん(ラブラドール・R) 3才 5.84秒

・シニアの部
1位 田原ミルクちゃん(ゴールデン・R) 10才 6.10秒
2位 北ターシャちゃん(ラブラドール・R) 13才 10.00秒

2018年春休み大会

心地よい春風の中、総勢109頭のわんちゃんが参加してくれました。
昨年は桜の開花が遅れ、4/7頃にようやく見頃を迎えましたが今年は2週間早まり、WAN1グランプリ開始の3/25には伊豆高原エリア全体で見頃を迎えました。
大会中は毎日天候に恵まれ50m走スタートラインのすぐ奥にある大きなソメイヨシノも陽光に輝き参加のわんちゃんたちが薄紅色の桜に見守られているような春の訪れを実感できる大会となりました。
結果は小型・中型・大型犬の各トップスリーにシニアの部を加えた11頭中、 入賞7等が女の子という 結果で、本コースでの女性上位の傾向はなかなか変わる兆しが見えません。
GW大会での男の子の巻き返しに是非期待したいところです。
参加109頭中、激戦を制し、年末のチャンピオン大会への切符を手にしたのは、
この11頭です。

・小型犬の部  総出走頭数78頭
1位 西口なな子ちゃん(ジャックラッセルテリア) 5.54秒
2位 林 Joyくん (トイプードル) 6.50秒
3位 菅原メルちゃん (トイプードル) 7.00秒

・中型犬の部  総出走頭数11頭
1位 小谷海斗くん (柴犬) 6.26秒
2位 新井Figliaちゃん (Aケルピー) 7.00秒
3位 渡辺ココナちゃん (甲斐犬) 8.11秒

・大型犬の部  総出走頭数20頭
1位 浅葉レイアくん (フラットコーテッドレトリバー) 5.00秒
2位 加藤 いちごちゃん (フラットコーテッドレトリバー) 5.10秒
3位 辻本 ブリュちゃん (エアデールテリア) 5.16秒

・シニアの部 総出走頭数4頭
1位 濱田 モカちゃん 10.16秒
2位 遠藤 陸くん 10.02秒

2018年GW大会

若葉の香りを含んだ南風が心地よく、年間で最もさわやかなはずの GWですが、今年は初夏を思わせるような日々が続く中、ぴったり100頭のわんちゃんたちが参加してくれました。
結果は・・・・
各シーズンの予選会を勝ち抜き、これまで何度も年末のチャンピオン大会に出場した歴戦のベテラン勢の活躍が目立った大会となりました。
すでに中年期に入っているベテラン勢ですが、走力は衰えずスタートの俊敏性はさらに磨かれタイムを縮めてくるといった印象で、初参加のわんちゃんたちには高い壁となって立ちふさがりその入賞を跳ね返しているかのようです。
また中型犬はボーダーコリーがトップスリーを 独占し、昨年末チャンピオン大会でオーストラリアン・ケルピーのじん君がたたき出したコースレコード4秒26に肉薄する記録も出ました。
IQ戦士の呼び声高く、運動神経抜群のボーダー軍団のじん君包囲網が形成されつつあり、最後の予選会「夏休み大会」でさらに分厚い包囲網ができるのか、今から注目です。
参加100頭中、激しい戦いを制し、年末のチャンピオン大会への切符を手にしたのは、この11頭です。

・小型犬の部
第1位 佐野 悠優くん(ポメプー) 5.12秒
第2位 長沼 セレーネちゃん(イタリアングレーハウンド) 5.41秒
第3位 大竹 Latteちゃん(ジャックラッセルテリア) 5.42秒

・中型犬の部
第1位 三好 クリスタちゃん(ボーダーコリー) 4.40秒
第2位 露口 サアヤちゃん(ボーダーコリー) 5.20秒
第3位 今川 チロルちゃん(ボーダーコリー) 5.75秒

・大型犬の部
第1位 柴田 ルーシーちゃん(フラットコーテッドR) 5.00秒
第2位 水野 レイアちゃん(ゴールデンR) 6.60秒
第3位 結果発表の後辞退された為、掲載いたしません

・シニアの部
第1位 金井 リズムちゃん(トイプードル) 9.10秒
第2位 菊池 星ちゃん(ポメラニアン) 11.81秒

2018年夏休み大会

2017年夏休み大会では8月途中から例年になく涼しい日々が続き、ピークのお盆前後にいたってはまるで梅雨時のように朝から静かに雨が降り続いたためにやむなく中止という悔やまれる日も多々ありましたが・・・
今年は晴天に恵まれました!
しかしながら猛暑の影響なのか、例年よりもお客様の数が少なく総出走頭数149頭となりました。
7月29日~8月16日に行われた夏休み大会、年末のチャンピオン大会への切符を手にしたのは、この10頭です。

・小型犬の部
第1位 加藤 シュバルツくん 5.56秒
第2位 大前 マリィちゃん 6.06秒
第3位 清水 ソラくん 6.07秒
※前回大会でシュバルツくんは3位でしたが2頭いた為、今大会で再エントリーしなおし入賞となります。※

・中型犬の部
第1位 山下 ジャスティンくん 4.61秒
第2位 長沢 マンバーちゃん 5.92秒
第3位 山岡 チャコちゃん 5.95秒

・大型犬の部
第1位 藤田 サラダちゃん 5.27秒
第2位 丹羽 エルくん 5.86秒
第3位 大原 そらくん 6.53秒

・シニア犬の部
大渕 BIFFくん 8.12秒

2018年度チャンピオン大会

「2018年度チャンピオン大会」は12月2日に
小型犬12頭、中型犬9頭、大型犬9頭、シニア犬6頭のご参加により開催されました。
各シーズンの上位3位までがチャンピオン大会への切符を手にすることができますが、優勝者はやっぱり強かった!!
2018年度、年間チャンピオンが決定しました。

・小型犬の部
優勝  佐野悠優くん(MIX)5.41秒
準優勝 川地モカちゃん(トイ・プードル)5.43秒
3位  大前マリーちゃん(ジャックラッセル・テリア)5.53秒
4位  加藤シュバルツくん(トイ・プードル)5.64秒
5位  清水ソラくん(MIX)5.66秒
6位  大竹Latteちゃん(ジャックラッセル・テリア)5.91秒
7位  西口なな子ちゃん(ジャックラッセル・テリア)6.00 秒
8位  西浦シャインくん(シッパーキ)6.03秒
9位  林JOYくん(トイ・プードル)6.17秒
10位 椛島パピくん(トイ・プードル)6.19秒
11位 長沼セレーネちゃん(イタリアン・グレーハウンド)7.33秒
12位 菅原メルちゃん(トイ・プードル)23.86秒

・中型犬の部
優勝  伊藤臣くん(オーストラリアン・ケルピー)4.28秒
準優勝 三好クリスタちゃん(ボーダー・コリー)4.71秒
3位  山下ジャスティンくん(ボーダー・コリー)4.72秒
4位  山岡チャコちゃん(MIX)6.00秒
5位  中川メルちゃん(ビーグル)6.34秒
6位  三井こむぎちゃん(フレンチ・ブルドッグ)7.23秒
7位  新井Figliaちゃん(オーストラリアン・ケルピー)9.50秒
8位  針生夢ちゃん(フレンチ・ブルドッグ)11.22秒
9位  長沢アンバーちゃん(柴犬)11.97秒

・大型犬の部
優勝  浅葉レイアくん(フラットコーテッド・レトリバー)5.00秒
準優勝 柴田ルーシーちゃん(フラットコーテッド・レトリバー)5.02秒
3位  加藤いちごちゃん(フラットコーテッド・レトリバー)5.13秒
4位  影山競路郎くん(ゴールデン・レトリバー)5.34秒
5位  丹羽エルくん(ラブラドール・レトリバー)5.41秒
6位  辻本ブリュちゃん(エアデールテリア)5.47秒
7位  藤田サラダちゃん(ラブラドール・レトリバー)5.50秒
8位  大原そらくん(ラブラドール・レトリバー)6.02秒
殿堂入り  稲野辺桃子ちゃん(フラットコーテッド・レトリバー)4.88秒

・シニア犬の部
優勝  田原ミルクちゃん(ゴールデン・レトリバー)7.13秒
準優勝 大渕BIFFくん(MIX)7.26秒
3位  金井リズムちゃん(トイ・プードル)8.63秒
4位  北ターシャちゃん(ラブラドール・レトリバー)12.34秒
5位  菊地星ちゃん(ポメラニアン)13.78秒
6位  遠藤陸くん(パピヨン)25.39秒

WAN1GP2018チャンピオン

  • <小型犬の部>
    佐野悠優くん 5.41秒

  • <中型犬の部>
    伊藤臣くん 4.28秒

  • <大型犬の部>
    浅葉レイアくん 5.00秒

  • <シニア犬の部>
    田原ミルクちゃん 7.13秒